住宅ローン 返済

初期費用と頭金で楽な住宅ローンに

住宅ローン返済方法

 

初期費用と頭金がいかに住宅ローンを組むうえで大切かはわかっていただけたかと思いますが、初期費用とできる限りの頭金で返済が楽になるようにしましょう。

 

もちろん、利用するまでには厳しい審査が待っているわけですが、地道に貯蓄をしている人ほど利用することができるともいわれます。

 

それは簡単なことではありませんし、購入するまでの道のりは長いですし、購入が決まってからも長いです。

 

購入が決まってからの負担を軽減するために、頭金を多く準備して健全な返済ができるようにしておきましょう。

 

 

また、初期費用は頭金の有無に関係なく必要なものですから、全くない状態で住宅を購入することはできないと思ってもいいでしょう。

 

それが住宅ローンの審査にも響いてしまいます。

 

申し込みをする前に初期費用と頭金を準備できるまで、購入を待っておいた方がいいでしょう。

 

1度審査を受けてしまいますと、その後の審査も受からない可能性もあります。

 

 

そして、貯蓄をすることはもちろんのことですが、住宅購入までの手続きを調べて、どのタイミングで費用が発生して、いつから住宅ローンを支払わなければならないかを確認しておくようにしてください。

 

手続きに抜けがありますと、引き渡しが遅れてしまうことになったり、申し込みが無効になったりすることも考えられます。

 

1回の申し込みで審査が通り、住宅を引き渡してもらえるようにしっかり考えていきましょう。

 

住宅ローンの保証料の意味とは

住宅ローンの借り入れをするにあたっては、住宅金融支援機構のフラット35のような準公的なしくみを除けば、たいていは諸費用として保証料をとられることになっています。

 

その支払い方法については、借り入れの際に一括払いする方法と、金利に上乗せして毎月支払う方法の両方があります。

 

 

ここでいう保証料というのは、信用保証会社に対して支払う費用です。

 

借り入れをした人の職業や年収などからみた信用力、住宅ローンとして借り入れをした金額や返済までの期間によって決定されます。

 

似たような年齢や職業の人であったとしても、それぞれのケースに応じて金額が異なることになります。

 

しかし、いずれにしてもトータルでみると数十万円単位の金額となりますので、諸費用のなかでかなり大きなウエイトを占めるのはまちがいありません。

 

 

このような保証料がなぜ必要であるのかをひとことでいえば、貸し出しをする金融機関の貸し倒れリスクを避けるためということになります。

 

金融機関としても、将来的に会社が倒産したり、病気で失業したりして、住宅ローンの返済がとどこおってしまうことは避けなければなりません。

 

もしもそうした事態になったときでも代わりに返済してくれる相手をみつけることが必要です。

 

この場合、親戚などから個人として連帯保証人をとる方法もあります。

 

住宅の価格は高額であるだけに、信用保証会社のような確実性のある相手のほうがより適当ということになります。

 

もちろん、無料で連帯保証人の役目を引き受けるということはあり得ませんので、住宅ローンを借り入れた人が、その対価としての金額を支払うわけです。

 

 

住宅ローンで行われる事前審査について

住宅を買うためには非常に大きなお金が必要なので、多くの場合はローンを組みます。

 

そのローンを組むためには金融機関の審査を受けますが、その時に仮の形で審査を受けることがあります。

 

そういう審査を事前審査といい、住宅ローンを組む時は大体行なわれます。

 

この審査は複雑な手続きをするものではなく、住所や勤め先などのことを聞かれます。

 

非常に簡単な質問をされるものなのですが、この審査によって住宅ローンが可能かどうかがわかります。

 

 

ただこの審査はあくまで仮の審査でしかないため、この審査に通ってもお金を借りられるわけではありません。

 

しかし事前審査に通ると後の本審査でも通りやすいといわれており、この審査に通れば多くの場合はお金を借りられます。

 

 

注意点について

この事前審査にはいくつか注意すべき点が存在し、そういうことについても知っておく必要があります。

 

事前に行われるこの審査では、簡単な質問や調査が行われます。

 

そのため多少は違うことをいってもよいと考える人がいますが、そういうことをすると大きな問題になります。

 

この審査ではお金を貸す相手への信頼を試している所があるので、嘘をついていないかという点もチェックされます。

 

ですから事実と違うことをいったり書いてしまうと、金融機関からの信頼を大きく失ってしまいます。

 

住宅ローンの審査ではこの仮の審査を受けることが大事で、この審査に通っておけばローンが利用しやすくなります。

 

またこの審査をするときは担当の人と色々話し合いをするので、住宅ローンについて質問をすることもできます。

 

 

 

【借り換えする方はこちら】住宅rローンの借り換え

 

借り換えのコツや最新金利が紹介されています。

 

 

更新履歴