住宅ローン 相談

住宅ローンの返済ができなくなったら

ローン返済相談

 

苦労して入手したマイホームの住宅ローンの返済が苦しいからと、別のローンを重ねて借金に苦しんでいるはたくさんいますが、苦しまないで債務を整理することができることは、ほとんど知られていません。

 

債務整理とは借金を返済していく金額を減らしてもらい、利子の大きな負担を軽減する手続きのことで任意整理など何種類かの方法があります。

 

 

任意整理の手続きをしたときは住宅ローンは対象外となりますので家屋について影響を及ぼすことはありません。

 

任意整理の対象になっている借金の返済する金額が減らされたとしても、住宅ローンを返済する金額と合算すると大きな金額になるのは間違いありません。

 

月々に返済することが困難であるというときには、ローンを提供している金融機関と相談をして、返済する期間を延ばしてもらったり、一時的に返済を免除してもらう相談をする必要があります。

 

金融機関の了承が得ることができないときには個人再生などの他の債務整理の方法を選ぶしか方法がなくなります。

 

 

個人再生の手続きをしたときは、もうすでに住宅ローンについての返済が滞納していた場合でも住宅資金特別条項という制度を適用することによって、ローンを提供している金融機関の了承を得なくても、返済する期間を延ばしてもらった上で、別の債務を五分の一か百万円にまで減らすことが可能になります。

 

個人再生の手続きをすると、家屋を手放さないでローンを返済する期間についても延ばすことが可能で、なおかつ別の債務についても減らすことが可能です。

 

しかし、別の借金を重ねる前に相談する事が重要です。